小畑の醸造通信by都農ワイン
obata.exblog.jp
都農ワインホームページへ
 都農ワインの情報満載! 

カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
ワイン
from Blink Link 役立つ..
英会話簡単マスター 英会..
from 英会話簡単マスター 英会話の鬼
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
土壌分析結果
from ロマネ・コンティの庭
懸賞生活&アフィリエイト日記
from 懸賞生活&アフィリエイト日記
楽しいシャドーイング
from 私の英語学習記
ハイスコアの肝は語彙力で..
from TOEICハイスコアラーの英語
こんにちは
from 赤ワイン事典
心の復帰がままならぬ、時..
from プールサイドの人魚姫
■今年の都農ワインを飲ん..
from 立派な親父になれるかな?
フォロー中のブログ
リンク
都農ワイン    
ぶどうの四季


プロフィール

小畑 暁

1958年
北海道旭川生れ
帯広畜産大大学院修了
(農産化学専攻)
1984年
海外青年協力隊員として
ボリビアへ
1988年
南九州コカ・コーラ海外
事業部就職
関連ワイン会社にて
ワイン醸造研修
1992年
ブラジルの現地法人ワイン
工場に支配人として赴任
ブラジルのワインコンテスト
新酒部門で1位に入賞
1996年
(有)都農ワインに工場長
として就任
2001年
県地域づくり奨励賞受賞

以前の醸造通信はこちらから!

有限会社 都農ワイン
〒889-1201
宮崎県児湯郡都農町大字川北14609-20
電話:0983-25-5501
FAX:0983-25-5502
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ホームページリニューアルのお知らせです。
都農ワインのホームページがリニューアルされました!
NEW都農ワインホームページは、こちら。
地域づくり、どきどきワイン熟成、挑戦!!栽培と醸造などなど、
新しいコンテンツも増えております。

これから、どんどん充実させていこうと思っておりますので、
今後ともよろしくお願い申し上げます。

栽培通信は、リニューアルして、こちらからご覧になれるようになりました。
小畑 暁・赤尾誠二の「挑戦!ブドウ栽培とワイン醸造」 
ぞくぞく更新しますので、よろしくお願い致します!!
[PR]
# by obatawine | 2006-07-26 23:52 | その他
宮日広告賞 モノクロの部 銀賞受賞!!
平成17年10月7日付宮崎日日新聞に掲載した、2005キャンベル・アーリー、マスカットベリーAの広告が、宮日広告賞のモノクロの部で、銀賞を頂きました。昨日、その授賞式に町長ともども出席させて頂きました。
d0027632_1271842.jpg
この広告はホットスタッフの吉田さんに制作して頂きました。「あなたはどっち派?」とういタイトルで、都農ワインに来られたお客様にキャンベルかベリーA、どちらが好みか聞き出す趣向の広告です。吉田さんの卓越したアイディアにはいつも驚かされます。インタビュー記事、写真は都農ワインのスタッフが取ったものですが、広告制作に、お客様、ワイナリースタッフが参加することがまた、すごい。

授賞式が済んで、打ち上げに、歴代の都農宮日支局長の皆さんと広告局次長の加藤さんがお祝いに駆けつけてくれました。実は、広告局次長の加藤さんは、当時は写真部の局長、都農ワインがオープン間もない頃、西木戸支局長と都農ワインの特集を組んでくれた大恩ある方です。

それぞれの元支局長と、当時の思い出話に花が咲きました。皆さん、それぞれの道で活躍されています。楽しい飲み会でした。また、お会いしたいです。
d0027632_12173496.jpg

7月7日付宮日新聞の紙面で宮日広告賞の受賞の告知がありました。
d0027632_1013086.jpg

忙しいスケジュールをさいて、河野町長が代表して受賞して頂きました。
d0027632_101443.jpg

受賞された方々の記念撮影です。南日本酪農、宮銀、雲海酒造、イオン宮崎、山形屋と皆さん県内一流の企業の方々です。
d0027632_102794.jpg

歴代都農支局長の方々が受賞のお祝いに駆けつけて頂きました。
d0027632_101571.jpg

これが、頂いた記念のタテです。
[PR]
# by obatawine | 2006-07-12 10:20 | その他
うめスパークリング瓶詰め中
やっと、ろ過が終わって、瓶詰めにこぎつけました。思えば長くつらい日々でした(おおげさかな)。昨日は、うめのスティルワインの瓶詰め。今日は、スパークリング。昨日は、メンブランフィルターが詰まってしまって散々な目にあってしまいました。
ところが、今日の瓶詰めは快調そのもの。
今日、吉田さんから、すばらしうめワインのポスターが届きました。まだ公開できませんが、感動もの。轟や立野の皆さんにお見せしたい!
これで、都農ワインのスパークリングは、白、ロゼ、赤と揃いました!

d0027632_15205915.jpg

グラスの中のうめワイン。あわ立ちがとてもきれいです。今年は洋ナシのような香りを強く感じます。
d0027632_15162794.jpg

ビンに充填している様子です。今日はとても快調。
d0027632_15293278.jpg

次にコルクが打栓されます。コルクがマッシュルームのような形になります。
d0027632_15161592.jpg

そのうえから、ワイヤーがかけられます。
d0027632_15154891.jpg

これが、ワイヤーです。すべて自動で巻き締めてくれるのが不思議な気がします。
d0027632_15164426.jpg

これで瓶詰め完了。瓶詰直後は品温が低いので2,3日たってからラベルを貼ります。
[PR]
# by obatawine | 2006-07-07 15:44 | コミュニティービジネス
今日は、うめワインのケイソウ土ろ過です。
昨年の経験をもとに、ケイソウ土ろ過をしたのですが、またも詰まらせてしまいました。もう1回オリ引きをすればよかったです。
出だしは快調でしたが、ろ過終盤、あともう少しというところでアウト。マンホールからのぞいてみると、とてもケイソウ土ろ過でろ過できるレベルのワインではありません。しかし、捨てるわけにもいかず、詰まっては洗い、洗っては詰まり、ただひたすら忍耐のみ。終わるのは夜の11時頃になりそうです(今もろ過中です)。
d0027632_21353264.jpg

都農ワインのケイソウ土ろ過機です。
d0027632_21354745.jpg

ろ過の様子はサイトグラスから確認できます。最初は快調でした。
d0027632_21361055.jpg

ろ過に使うケイソウ土です。ケイソウ土の粒子は非常に微小です。粒子の微小な隙間を通ってワインがろ過されます。
d0027632_21362372.jpg

ろ過機の中にはディスクがあります。そのディスクの上にケイソウ土の層が作られます。そのケイソウ土の中をワインが通って、ワインがろ過されます。
[PR]
# by obatawine | 2006-07-03 21:45 | コミュニティービジネス
うめワインただ今、オリ引き中
d0027632_16461694.jpg

オリ引き兼粗ろ過。難しそうな顔していますが、ただ単に、プレスフィルターのファンベルトが切れそうで交換するかどうか迷っているところの写真。結局、この後、ファンベルト交換しました。

うめワインは、後発酵を終了して、オリ引きしました。
後発酵は、15度前後でじっくりと低温発酵を2週間程度続けました。
今年のうめワインは、梅の香りをベースに、洋ナシ、桃、メロンといった果物のニュアンスを強く感じます。今年は、3回目のうめワインの製造。いろいろとノウハウを積みましたので、作業自体は、スムーズに進みました。
オリ引きの後、珪藻土ろ過、ろ紙ろ過、7月5日、6日頃に瓶詰めを予定しています。販売は7月15日と今の時点では考えております。今年のうめワインも自信作です。こうご期待あれ。
[PR]
# by obatawine | 2006-06-29 16:50 | コミュニティービジネス
ただ今、うめワイン発酵中
d0027632_1954923.jpg

かもし発酵(?)中の梅に櫂入れしています。なかなかに重労働です。
d0027632_19543174.jpg

かもし発酵中の梅です。
d0027632_1955539.jpg

後発酵(?)中の梅です。赤ワインと違って泡が黄色い。洋ナシのような香りがします。

先日、かもし発酵を終え、ただ今、うめワインは、後発酵中です。
今年のうめワインは、洋ナシ、ラフランスの香りが強いように感じます。同じ梅でも、採れる年によって作柄がありますから、当然のようにそれぞれの特徴があるのは当たり前なのですが、面白いと思いました。梅にもビンテージがあるのです。
おそらく、来週末ぐらいに後発酵を終え、発酵停止、その後冷却をかけ、来月の初めには、粗ろ過が出来るのではないかと思っています。そのころになると、今度はぶどうの仕込み準備で大忙しです。
[PR]
# by obatawine | 2006-06-04 20:00 | コミュニティービジネス
今日が、うめワインの仕込みです。
d0027632_17595871.jpg

5月20日、久々の晴天の日に、梅が運ばれてきました。
d0027632_17594795.jpg

立派なうめです。
d0027632_1803677.jpg

1週間追熟させると、こんなに黄色になります。
d0027632_1804842.jpg

5月27日、梅の仕込みです。仕込む前に梅を洗います。
d0027632_181155.jpg

タンクの上から投入します。
d0027632_181537.jpg

ホークリフトで、タンクの上まで持ち上げます。高所作業です。
d0027632_181278.jpg

タンクの中に投入した梅です。これから酵母をいれてかもし発酵をします。

5月20日、梅が入荷。それから1週間追熟。そして、今日が、うめワインの仕込みです。
今年は、梅が不作の中、立野、轟の梅生産者の皆様のご協力のおかげで予定数量5トンに達しました。この場、お借りして御礼申し上げます。
それにしても、一年は早いものです。もう、梅の仕込みの季節です。今年は、香りがいいような気がします。もう、ワイナリーは、梅というよりはバナナの香りに満たされています。見た目も非常にきれいです。不作であった分、ひと粒ひと粒が充実していたのかもしれません。
今回で3回目の仕込みです。昨年、かなりノウハウ(?)を積みましたので、今年は楽できるのではないかと思っています。2日ぐらい寝なければ何とかなりそうです。赤尾君、早く儲けて、遠心分離機を買いましょう。
本日は、畑のスタッフの皆さんにお手伝い頂いて、スムーズに仕込がすみました。仕込みの最後に酵母を入れて一安心。あとは、沸き付く(発酵が始まる)のを待つだけです。その後、赤ワイン同様に、かもし発酵、2次発酵させ、オリ引き、ろ過、瓶詰めは7月中旬ごろを予定しています。
[PR]
# by obatawine | 2006-05-27 18:18 | コミュニティービジネス