小畑の醸造通信by都農ワイン
obata.exblog.jp
都農ワインホームページへ
 都農ワインの情報満載! 

カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
ワイン
from Blink Link 役立つ..
英会話簡単マスター 英会..
from 英会話簡単マスター 英会話の鬼
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
土壌分析結果
from ロマネ・コンティの庭
懸賞生活&アフィリエイト日記
from 懸賞生活&アフィリエイト日記
楽しいシャドーイング
from 私の英語学習記
ハイスコアの肝は語彙力で..
from TOEICハイスコアラーの英語
こんにちは
from 赤ワイン事典
心の復帰がままならぬ、時..
from プールサイドの人魚姫
■今年の都農ワインを飲ん..
from 立派な親父になれるかな?
フォロー中のブログ
リンク
都農ワイン    
ぶどうの四季


プロフィール

小畑 暁

1958年
北海道旭川生れ
帯広畜産大大学院修了
(農産化学専攻)
1984年
海外青年協力隊員として
ボリビアへ
1988年
南九州コカ・コーラ海外
事業部就職
関連ワイン会社にて
ワイン醸造研修
1992年
ブラジルの現地法人ワイン
工場に支配人として赴任
ブラジルのワインコンテスト
新酒部門で1位に入賞
1996年
(有)都農ワインに工場長
として就任
2001年
県地域づくり奨励賞受賞

以前の醸造通信はこちらから!

有限会社 都農ワイン
〒889-1201
宮崎県児湯郡都農町大字川北14609-20
電話:0983-25-5501
FAX:0983-25-5502
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:ワイン( 51 )
今日は、赤スパの瓶詰
d0027632_1721312.jpg

今日も、スパークリングの瓶詰
d0027632_17205390.jpg

あれ、赤い!
d0027632_17202962.jpg

赤いスパークリングです。

今日は、赤スパの瓶詰
ついに、やってしまいました。構想三年。作業3日。
赤のスパークリングを作ってしまいました。
イメージは、ビーターチョコレート。ベリーAと自社農園のカベルネ・ソービニオンをブレンドして、やや辛口に仕上げました(もうすこし、甘くすればよかったかな)。
ワイナリーとネット販売限定、5,000本です。
というか、他のワインの瓶詰に追われて、クリスマス商戦に間に合いませんでした。
好みの分かれるところですが、この赤スパ、しばらく作る予定がありませので、レアーなワインになるのに間違いなし。

工場長:赤尾、日本初の赤のスパークリングだぞ!
赤尾:OOOOOが出していますよ(冷静に)
工場長:そうか(肩を落として)。
赤尾:この赤スパ、パイプに合いそうですね。
工場長:ばれた?
by obatawine | 2005-12-17 17:26 | ワイン
樽からワインを出してブレンド
今日は、寒風吹きさらすなか、樽からワインを出してブレンドです。
2004年のベリーAとカベルネ・ソービニオンをブレンドして、近々にリリースする予定です。
樽から、ワインを出すだけなら簡単なのですが、その樽を洗浄しなければなりません。洗浄の後は、オゾン水で殺菌です。洗浄が終わったのは、あたりが薄暗くなった5時。オゾン水のリンスは明日にしました。
それにしても、今日は寒かったです。元気がいいのは、ローラだけ。今の時期は、蔵内の作業が辛い。

d0027632_181566.jpg

空になった樽を、熱湯で洗浄中。
by obatawine | 2005-12-14 18:04 | ワイン
今日は、久々キャンベルの瓶詰です。
本当に久々の更新です。ごめんなさい。何をしていたかというと、スパークリングの製造と酒販店周りをしていました。それで、今日は、久々のキャンベル・アーリーのスティル(非発泡性)ワインの瓶詰です。スパークリングに比べたら楽なこと・・・、と思いきや、またまたドジを踏んでしまいました。

熱殺菌が終わり、メンブランフィルターの安全性試験もOK、さあ、これから、瓶詰本番というところで、赤尾君が『フィラーのバキュームが効かない』という叫び声。

何と、ホースが外れたまま、バキュームポンプを動かしていました。私のミスです。そこで、気を取り直してホースを取り付け、再びスタート。しかし、またもやバキュームが効きません。モーターは熱くなっていません。過負荷なら、安全装置が作動するはず。そこで、エアーが噛んだ可能性が高いと、水をポンプヘッドに入れてスイッチを入れると・・・・・。バキュームが効きだしました。よかった、よかった。その後、瓶詰機は順調に動いて、本日の瓶詰は午後4時で無事終了しました。

工場長:なぁ、赤尾、ゴルファーの青木がなぜ、世界の青木と言われたか、分かる?それはなぁ、彼は、アプローチで失敗しても、リカバリーショットが素晴らしかったからだ。

赤尾君:????(意味不明の言い訳を聞かされて、答えようが無い)

d0027632_20134526.jpg

コルク打栓、ワインの入り身が揃っているのが分かります。素晴らしい瓶詰機です。
d0027632_20135472.jpg

これが、私がまたまたミスしたバキュームポンプです。ホースを付けずに、動かしてしまいました。
by obatawine | 2005-12-02 20:19 | ワイン
新酒スパークリングワインの瓶詰です。
今日は、新酒スパークリングワインの瓶詰です。
朝から、トラブル続き
私が、ワイヤーを逆さまに入れたものですから、瓶詰開始そうそう、ストップ。その間になぜかしら、ポンプが動き続け、フィラータンクからワインがあふれ、大変な状態になりました。生ビールをジョッキに注ぐとき、泡だらけでジョッキの中にビールほとんど残らない状態を想像して頂くと分かり易いと思います。
教訓その1、ミスはさらなるミスを呼ぶ。
その後は、瓶詰機は順調に動いています。良かった。

今年のスパークリングワインは、香りが例年に比べて、華やかに感じます。とてもチャーミングな印象です。アルコール度数は8度。とても飲みやすく仕上がりました。2005年スパークリングのリリースは12月3日を予定しています。
d0027632_17343685.jpg

炭酸ガスのミキシングの様子を目視することができます。きれいに炭酸ガスがワインと分離せずに溶解しています。

瓶詰の様子はこちらから。
by obatawine | 2005-11-16 17:39 | ワイン
フレンチパラドックス
実は、「健康とワイン」をテーマで講演をある方から依頼されておりました。
最初はお断り申し上げたのですが、『都農ワインの宣伝になるから』とういう殺し文句に、断りきれずに、引き受けてしまいました。
そこで、大学の恩師や先輩に電話をかけたりして、いろいろ文献を集めて勉強中です。
全体の研究の流れは、かの有名な、ワインブームを引き起こした「フレンチパラドックス」は、否定されていないようです。
恩師曰く、『以前は、食品系の論文が多かったが、最近は、医学系の論文が目立つ』とのこと。ポリフェノールの機能性の研究は、今でも盛んなようです。
さて、皆さん、「フレンチパラドックス」なる言葉覚えていますか?

簡単に申し上げると、
欧米諸国では、冠動脈硬化疾患による死亡率と高脂肪摂取に正の相関が見られる。ところがフランスでは、多量の高脂肪摂取にもかかわらず冠動脈硬化疾患による死亡率は他の欧米諸国より低い。この矛盾が「フレンチパラドックス」と呼ばれ、ルノー博士らは、フランス人がワインを多く摂取していることに、強い相関関係を見出したことから、ワインの売上が急増しました。

簡単に申し上げると、高脂肪のものを摂取しても、ワインを飲んでいれば心臓病のリスクが上がらないということです。
d0027632_17253182.jpgあれから、10年近い歳月が過ぎて、もう一度、いい機会ですから勉強しなおしています。
最近、私は、マスカット・ベリーAにはまっています。自宅に帰ってからマスカット・ベリーAを飲みながらの勉強ですから、はかどりません。講演の準備、間に合うかしら。

『プロアントシアニジン?何じゃこりゃ、ワインは美味しければいいだろが・・・』
by obatawine | 2005-11-13 12:12 | ワイン
シャルドネのバトナージュ、シラーのオリ引き
11月3日、宮崎空港で試飲販売
前日、福岡から帰ってきて疲れがとれず、販売はmichiにおまかせ。睡魔に襲われ、到着ロービーの椅子で船をこいでしまいました。
11月4日、キャンベル瓶詰
瓶詰を8時半からスタートするには、朝6時に出社。最近、朝起きがつらい。
11月5日、山形屋で試飲販売
aki & maki コンビを山形屋さんの酒売り場に、送り迎え。何か、女性からピンはねをする悪徳興行師になったような気分。
その合間、シャルドネのバトナージュとシラーのオリ引き。
赤尾君と雄二さんが、全てセッティング。おいしいところだけ、私、という感じ。これまた、申し訳ない気分です。
シラーは、特に色落ちもせず、順調に熟成している感じ。ちょっと、インキーな感じも出てきた様子。これは、ひょっとすると、ひょっとするかも。
シャルドネも順調。昨年より濃縮感がします。
d0027632_16411364.jpg

現在、セラー内部の様子。
d0027632_16414835.jpg

シャルドネのバトナージュです。
by obatawine | 2005-11-05 16:37 | ワイン
今日は、福岡2日目。
今日は、福岡2日目。
カネダイさん、エスポア中村さんに新酒発売のご挨拶。

カネダイさんでは、店長 井上佳宏さんとお話が弾み、時間が経つのも忘れてしまいました。
社長である、お父様 井上征四郎さんは、ワインに関しては息子さんの佳宏さんにお任せのご様子。
佳宏さんはサッカーが大好きで、ブラジルやヨーロッパに旅行際には、必ず現地の方とサッカーをされるそうです。
それぞれ、お国柄がサッカーに出て面白いそうです。例えば、ドイツはサッカーも堅実で面白くないとか、ブラジルは賭けサッカーで勝つとお金要求してくるけれど、負けたら、知らんふりとか。
私も、ブラジルに3年間暮らしていたことがあるので、ついつい長話をしてしまいました。
ごめんなさい。写真を撮るのを忘れてしまいました。
ちなみに、カネダイさんは、ワイン祭りに来ていただいた、ジャンボさんの縄張りのお酒屋さんです。

株式会社 カネダイ
〒816-0844
福岡県春日市大字白水388-3
TEL:092-572-4088

エスポア中村さんは、ほとんどワイン専門店。唯一、国産ワインとして、都農ワインをお取り扱い頂いております。
ワインの品揃えには驚かされます。ついつい、珍しい、モーゼルのリースリングを買ってしまいました。勉強熱心で、毎年、フランスに行かれているご様子です。
以前、お客様を引き連れて、ワイナリーにお越し頂いたこともあります。今回も、新酒のリリースで一番に、ご注文頂きました。ありがとうございます。
エスポア中村さんのすごいところは、10年間欠かさず、毎月、手作りのミニコミ誌を発行し続けていることです。原稿は全て中村好宏さんが書いています。4コマ漫画まであります。なかなか出来ることではありません。私たちも見習わなくては。
今回の地震でかなり被害が出たそうです。写真を見せて頂いたのですが、店内に割れたビンが散乱して、かなりショッキングでした。
同じワインを生業とするものとして、私たちの場合は台風でしたが、これからがワインの季節です、中村さん、共に頑張りましょう。

d0027632_7494687.jpg

店主の中村好宏さん(左)、お母様(中央)、奥様(右)、エスポア中村さんの店内にて

エスポア中村
福岡市早良区祖原28-13 TEL:092-841-0321
by obatawine | 2005-11-02 07:48 | ワイン
今日は、キャンベルの瓶詰。明日の出荷に何とか間に合いそう。
d0027632_18494523.jpg

今日は、キャンベルの瓶詰。
d0027632_18495865.jpg

宮崎農業の皆さんが、見学にみえました。

本日は、宮崎農業の食品工学科の皆さんが、ご来工。1時間でしたが、しゃべり疲れました。
だけど若いって、いいですね。無限の可能性を秘めている。輝いて見える。

私みたいなロートルは、もう先が見えています。
自分が18歳の頃、将来どういう職業につくなんて考えもしなかったですね。その点、今の子達は、ずいぶん早い時期から、将来の決めなくてはいけない雰囲気が、社会にあるような気がしますね。

なんとなく勉強したくて、なんとなく海外に行きたくて、気が付いたら、都農でワインを作っていた。私の場合は、そんな感じです。それでも、家庭を持ち、小さな幸せに感謝しながら生きている・・・・。

なんで今日は、こんな調子の文章なのかな。きっと、宮崎農業の食品工学科の皆さんに、立派なことを言い過ぎて、自己嫌悪に陥っているのです。宮崎農業の皆さん、ごめんなさい。今度は、もう少しましな説明をしますので。
by obatawine | 2005-10-26 18:53 | ワイン
今日は、ワインの配達
本日は、キャンベル・アーリーのろ紙ろ過。明日が瓶詰。そのろ過の合間を利用して、宮崎にキャンベルの配達。配達のついでに、ボンベルタ、山形屋、宮崎ジャスコに弊社情報誌『コルク』を届ける。
帰る途中、大学時代の友人から電話が入る。出張で27日宮崎に来るとのこと。宮崎市内で飲む約束をする。久々の再会。彼は、外資系の製薬会社に入って、日本中を飛び回っているらしい。彼は酒豪なので、かなり飲むことになりそう。どうやって都農に帰ってこようかな、まぁ、なんとかなるか。
戻ってきたのが午後7時過ぎ。ろ過は終わっていました。赤尾君ごめんなさい。
赤尾君と販売、製造、その他もろもろのことを話していると、すでに時計が9時を過ぎようとしている。早く帰らなくちゃ。あすは、6時出社。

本日のワインのお届け先、長友酒米店。
d0027632_21404399.jpg

長友酒米店
ご主人の長友次男さんは、大のジャズ好き。奥様のお名前をお聞きするを忘れました。
〒889-0921
宮崎市大字本郷南方3995-1
TEL:0985-56-2055
by obatawine | 2005-10-25 21:43 | ワイン
今日から、新酒販売スタート
今日は、2トンダンプを塩月さんから借りて朝早くから、ジャスコにワインを100ケース納品。私たちがダンプで横付けしたものですから、ジャスコの検品所の係りが驚いていました。
ワイナリーに戻ると、大勢のお客様で大賑わい。鬼編集長のakiがコルクの原稿締め切りで、怒り寸前。忘れてました。今日の昼までに提出でした。そこで、必死に原稿書き。何とか間に合わせて時計を見ると、もう夜の18時。いけねぇ、18時30分から出資者と新酒の試飲会だ!ワインの用意をしなくちゃ。
夜は、出資者の皆さんと試飲会。いい雰囲気で、したたかに酔う。明日は、小学生に講演会。その準備とワイナリー増設の稟議書を書き上げなくては。明日は、朝6時起きで仕上げなくちゃ。睡魔に負けて眠りにつく。
d0027632_8152772.jpg

出資者の皆さんと記念撮影。おいしい、新酒の試飲会でした。
by obatawine | 2005-10-16 08:13 | ワイン