小畑の醸造通信by都農ワイン
obata.exblog.jp
都農ワインホームページへ
 都農ワインの情報満載! 

カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
ワイン
from Blink Link 役立つ..
英会話簡単マスター 英会..
from 英会話簡単マスター 英会話の鬼
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
土壌分析結果
from ロマネ・コンティの庭
懸賞生活&アフィリエイト日記
from 懸賞生活&アフィリエイト日記
楽しいシャドーイング
from 私の英語学習記
ハイスコアの肝は語彙力で..
from TOEICハイスコアラーの英語
こんにちは
from 赤ワイン事典
心の復帰がままならぬ、時..
from プールサイドの人魚姫
■今年の都農ワインを飲ん..
from 立派な親父になれるかな?
フォロー中のブログ
リンク
都農ワイン    
ぶどうの四季


プロフィール

小畑 暁

1958年
北海道旭川生れ
帯広畜産大大学院修了
(農産化学専攻)
1984年
海外青年協力隊員として
ボリビアへ
1988年
南九州コカ・コーラ海外
事業部就職
関連ワイン会社にて
ワイン醸造研修
1992年
ブラジルの現地法人ワイン
工場に支配人として赴任
ブラジルのワインコンテスト
新酒部門で1位に入賞
1996年
(有)都農ワインに工場長
として就任
2001年
県地域づくり奨励賞受賞

以前の醸造通信はこちらから!

有限会社 都農ワイン
〒889-1201
宮崎県児湯郡都農町大字川北14609-20
電話:0983-25-5501
FAX:0983-25-5502
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:ワイン( 51 )
披露宴生中継?
d0027632_1426551.jpg

今日は、都農ワインコンサートの実行委員で活躍してくれた教介君の結婚式です。勿論、乾杯は都農ワインのスパークリングです。教介君ありがとう。お二人おしあわせに。
by obatawine | 2005-09-24 14:26 | ワイン
博多の夜 手打ちめん房『良寛』にて
今日から、現場に復帰しております。
昨晩は、テーク・ワンの松本さんらと食事をしました。連れて頂いたところが、手打ちめん房『良寛』という蕎麦屋さん。店に入ると純和風なのですが、私の大好きなマイルス・デービスがBGMで流れています。
d0027632_18235240.jpg

何気なく、メニューを見ると、なんと都農ワインが載っています(写真)。ご主人(写真)と都農ワインの最初の出会いは、延岡出身の常連のお客様からのお薦め。それ以来、すっかり都農ワインのファンとのことです。
d0027632_18252478.jpg

↑ご主人の 新井光守 さん。「自分で気に入ったものしか置きません」とのこと。
d0027632_18262218.jpg

↑スパークリングワインとお品書きの記念撮影

うれしくなって、スパークリング、シャルドネ・エステート、マスカット・ベリーAを空けてしまいました。
ご主人は、墨絵を書くのがご趣味(本職?)のようで、なかなか味のある絵をお店に飾ってありました。
そばはおいしかったのはもちろんのこと、そばのピザやクレープまであり、大変楽しいひと時を過ごさせて頂きました。そばにワインは意外でしたが、非常にワインもおいしく頂きました。そばと都農ワインは相性がいい。
とってもおしゃれで値段も手ごろなお店。皆さん、ぜひ、手打ちめん房『良寛』、いかがですか。
少しずつですが、福岡でも都農ワインが浸透してきているのが実感できた夜でした。

手打ちめん房 良寛
〒812-0011
福岡市博多区博多駅前3丁目19-14 ビーエスビル1階
TEL・FAX 092-451-1931
by obatawine | 2005-09-13 18:38 | ワイン
岩田屋さんにご挨拶です。
d0027632_18523180.jpg

↑都農ワインの販売でお世話になった岩田屋さんの方々です。キャンベルズもいい経験をしたみたいです。今後ともよろしくお願い申し上げます。

本日は、福岡におります。キャンベルズ通信でお騒がせの、岩田屋さんの『味の逸品』が本日終了日ということで、ご挨拶にお伺いしました。
部長 金森様、バイヤー 藤井様 にご挨拶申し上げました。テレビ取材も同時に受けてしまいました。また、トンチンカンなことを言ってしまいました。赤尾君、キャンベルズの皆さん、都農ワインのイメージをダウンさせてしまいました。ごめんなさい。それにしても、また都農ワインがテレビに出るぞ!
by obatawine | 2005-09-12 18:58 | ワイン
マスカット・ベリーA エステート かもし発酵が終盤です。
d0027632_1763087.jpg

↑マスカット・ベリーA エステートのポンプオーバーをしています。

台風の最中、停電の中で櫂入れしたマスカット・ベリーA エステートが、いつの間にか、かもし発酵も終盤に近づきました。11日に搾汁の予定です。
今日は、マスカット・ベリーA エステートのポンプオーバーをしています。ポンプオーバーというのは、タンクの下方から液を抜いて、再び果帽に戻す作業のことをいいます。赤ワインの場合、果皮と共に発酵させるので、果皮が浮き上がってきます。これを果帽あるいはキャップと呼びます。この果帽から色素やタンニンを抽出します。
今回の2005マスカット・ベリーA エステートは、色素もタンニンも十分です。熟成が楽しみです。
by obatawine | 2005-09-09 17:08 | ワイン
本日は、通常どおり営業しております。
d0027632_21122188.jpg

沢山の方々から、励ましのお言葉を頂きました。この場をお借りして、御礼申し上げます。また、この度の台風14号で被災された多くの人々に、お見舞い申し上げます。一日も早い復興をお祈り申し上げます。

ワイナリーは今日から通常どおり営業しております。ローラも疎開先から帰ってきました。
さて、今回のワイナリーの被害ですが、セラーの瓦が数枚飛んで行ったこと、ベランダの屋根がはがれたことと、思ったよりも建物の被害は軽微で済みましたが、畑はかなりやられました。カベルネ・ソービニオンは半部ぐらい駄目みたいです。順調に生育していたので、非常に残念です。詳しくは、赤尾の栽培通信をご覧下さい。今見える被害だけでなく、シャルドネやシラーなどの他の品種の来年の作柄に影響することも心配です。

今日は、ベリーAを搾汁しました。明日は、ベリーAの仕込10トンの予定です。台風になんかに負けていられません・・・と今日のブロッグを書き終えようとしていたら『工場長、台風15号が発生しました』と、背後から赤尾君の声がします。もう勝手にしてくれ。
by obatawine | 2005-09-07 21:12 | ワイン
都農ワインより、台風14号、実況中継
台風14号、実況中継
d0027632_13582412.jpg

ただ今、13:00、すごい風と雨です。
ワイナリーに来るまでも命がけ
木は倒れているは、排水溝から水がすごい勢いで吹き出ているは、近所の牛小屋の屋根は吹き飛ばされているはで、大変です。
ワイナリーは停電です。ポンプオーバーが出来ないので、必死になって櫂入れをしました。
早く、台風よ、過ぎ去ってくれ!
by obatawine | 2005-09-06 13:59 | ワイン
台風が来ます。
台風が来ます。

ただ今16:00。風雨が激しさを増してきました。
祈りは通じなかったみたいです。台風が直撃します。
自然を相手にしている者にとって、避けがたい宿命とはいえ、過酷な試練です。
私たちは、なぜ、ぶどう栽培をし、ワインを醸造しているのか、否が応でも考えさせられます。

高校生の頃、授業をさぼって見た映画、「ポセイドン アドベンチャー」を思い出します。
主人公の神父が海中に転落していく時の台詞です。「神は、私たちにかくも多くの試練を与え給うのか」(ちょっと大げさかな)

台風は過ぎ去っていきます。雨も必ず止みます。
私たちは、ぶどう栽培とワイン醸造に夢中になるしかないのです。評価は後世がすること。少なくとも、私たちが牧内の山の上で悪戦苦闘してワインを作っていたことは、人々の記憶にのこるはずだと。
by obatawine | 2005-09-05 16:33 | ワイン
自社農園のベリーAを仕込みました。
d0027632_23194958.jpgd0027632_2320621.jpgd0027632_23202158.jpg
d0027632_23203692.jpg

(写真上段左)ベリーAの仕込みの様子
(写真上段中央)大分県酒造組合の皆さんが見学に来られました。
(写真上段右)シラーの櫂入れの様子
(写真下段左)シラーが沸きついてきました。

本日は、自社農園(牧内農業生産組合)のベリーAを8トン仕込みました。糖度が20度に達し、よいぶどうが仕込めることが出来ました。台風さえ来なければ、もうすこし収穫を遅らせたかったのですが。非常に残念です。
それでも、ワインレポート2004のデニス・ギャスティンさんが絶賛されたマスカット・ベリーA エステート2002に近いものが出来るのではないかと期待しています。

シラーが沸きついてきました。かもし発酵を出来るだけ引っぱるつもりです。マロラクテック発酵はさせないつもりですが、自然にまかせるつもりです。ぶどうが非常に健全でしたので、うまいことやれば、マロラクテック発酵しないのではないかと予想しています。
by obatawine | 2005-09-03 23:33 | ワイン
シラーを仕込みました。
d0027632_20254842.jpg
d0027632_2026043.jpg

(写真左)収穫したシラーです。
(写真右)除梗破砕したシラーです。

今日、1トン余りですが、シラーを仕込みました。
昨年は、台風で全滅。今年は、何とかぎりぎりセーフ(台風14号が九州に向かっています!)。
このシラー、栽培には大変苦労しています。以前は花芽さえ付けませんでした。ここ数年は、花芽は付くのですが、糖度が上がる前に腐ってしまっていましたが、昨年からは、糖度も20度近くに達するようになり、収量もある程度期待できるようになっていたのですが、収穫前に台風で全滅でした。
今年は、糖度も20度に達し、色もかなりきています。私達の土作りを中心とした栽培法の正しさを確信しました。知ってる限りのテクニックを使って、作っちゃおーと。シラーをリリース出来たら、日本初だったりして。
雄二さん、岩崎さん、ありがとう。
by obatawine | 2005-09-02 20:30 | ワイン
樽発酵が始まりました。
d0027632_21323857.jpg樽発酵が始まりました。都農ワインのシャルドネ・エステートとシャルドネ・アンフィルタードは、樽発酵をしています。樽発酵は、ステンレスタンクを使わず、果汁を樽の中で発酵させます。シャルドネの場合は、225Lの小樽を使うのが一般的です。都農ワインも225Lのフレンチオークを使っています。
今日、シャルドネが樽の中で発酵して来ました。発酵栓の中は、酵母が発する炭酸ガスでブクブクしています(写真)。このアルコール発酵が2週間ほど続きます。その後、シャルドネ・アンフィルタードのロットは、さらに乳酸発酵をさせます。リリースするのは、2006年の4月頃です。今年は、いいシャルドネが収穫出来たので楽しみです。
by obatawine | 2005-09-01 21:33 | ワイン