小畑の醸造通信by都農ワイン
obata.exblog.jp
都農ワインホームページへ
 都農ワインの情報満載! 

カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
ワイン
from Blink Link 役立つ..
英会話簡単マスター 英会..
from 英会話簡単マスター 英会話の鬼
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
土壌分析結果
from ロマネ・コンティの庭
懸賞生活&アフィリエイト日記
from 懸賞生活&アフィリエイト日記
楽しいシャドーイング
from 私の英語学習記
ハイスコアの肝は語彙力で..
from TOEICハイスコアラーの英語
こんにちは
from 赤ワイン事典
心の復帰がままならぬ、時..
from プールサイドの人魚姫
■今年の都農ワインを飲ん..
from 立派な親父になれるかな?
フォロー中のブログ
リンク
都農ワイン    
ぶどうの四季


プロフィール

小畑 暁

1958年
北海道旭川生れ
帯広畜産大大学院修了
(農産化学専攻)
1984年
海外青年協力隊員として
ボリビアへ
1988年
南九州コカ・コーラ海外
事業部就職
関連ワイン会社にて
ワイン醸造研修
1992年
ブラジルの現地法人ワイン
工場に支配人として赴任
ブラジルのワインコンテスト
新酒部門で1位に入賞
1996年
(有)都農ワインに工場長
として就任
2001年
県地域づくり奨励賞受賞

以前の醸造通信はこちらから!

有限会社 都農ワイン
〒889-1201
宮崎県児湯郡都農町大字川北14609-20
電話:0983-25-5501
FAX:0983-25-5502
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:醸 造( 10 )
今日から、2005年のキャンベル・アーリーの瓶詰です。
今日から、2005年のキャンベル・アーリーの瓶詰です。
今年のキャンベル・アーリーは、第一印象は、チャーミング。新酒は、瓶詰まで日々、表情を変えます。毎年、毎年、不安になるのですが、今年も、おいしい、キャンベル・アーリーに仕上がったみたいです。
先日から、カウンター圧の指示板が故障などのトラブルに見舞われましたけど、今日、無事に新酒のキャンベル・アーリーの瓶詰がスタート出来ました。
来週半ばに、マスカット・ベリーAの新酒を瓶詰します。これからは、新酒の瓶詰が続きます。

d0027632_1941198.jpg

まず、ビンが投入されます。
d0027632_1941952.jpg

これが、都農ワインが誇る、瓶詰機の全容です。今回は、ご機嫌が少々ななめでした。
d0027632_19405499.jpg

投入されたビンは、水でリンスします。
d0027632_194033100.jpg

次に、ワインが充填されます。入り身が非常に正確です。
d0027632_19404227.jpg

ワインが充填された後は、コルクを打栓します。
d0027632_19401498.jpg

写真に写されると、何かしなくてはと思うのは、私の悲しい性なのでしょうか。
d0027632_19402297.jpg

最後に、瓶詰されたキャンベルは、コンテナーに入れて、2,3日後にラベルを貼ります。2、3日静置した方が、漏れが少ない!
[PR]
by obatawine | 2005-09-30 20:00 | 醸 造
本日から、ベリーAの仕込、シャルドネの収穫が始まりました。
本日から、ベリーAの仕込、シャルドネの収穫が始まりました。

d0027632_20343380.jpg

↑ブドウ箱を片付ける人間がいませんので、こんなことになってしまいました。

キャンベルの仕込が昨日までで110トン。
今日、ベリーAが5トン、シャルドネが2.5トン。
今年のシャルドネは良いので、期待が持てそうです。

ベリーAの仕込みは、赤尾君と二人きり。久々、二人だけの仕込みです。いい汗をかきました。『よく二人だけで仕込んだっけ、夜遅くまでやっていたよな』と、10年前のことを思い出しました。

今日は、すごい人が取材に来られました。畑を案内して、さんざん言いたいことを言って、最後に渡された著書が、講談社現代新書の『フランスワインの12ヶ月』でした。私が以前、ある人からいい本だからと、薦められたことがある本でした。その著者の『大谷浩巳』さんでした。ちなみに赤尾君も読んでいました。その大谷さんとはつゆ知らず、ちょっとふきすぎました(赤面)。

明日から、国産ワインコンクールの授賞式&公開ティスティング雑用係で、山梨に行ってきます。戻ってくるのは、21日午後です。シャルドネのことが気がかりです。それと花火大会が見られないのが残念!
[PR]
by obatawine | 2005-08-18 20:41 | 醸 造
本日は、盆休みのためぶどうの入荷はありません。
d0027632_16132258.jpg

↑本日は、盆休みのためぶどうの入荷はありません。ワイナリーのぶどう受入口のシャッターは、一日中閉めたままでした。

本日までの仕込数量が計80トン(全てキャンベル・アーリー)です。
昨日、今日と、お盆でぶどうの入荷はお休み。仕込みは、16日から再開する予定です。しかし、ワイナリーは、発酵中のワインの管理や果汁のオリ引き、自社農園の収穫準備であいかわらず忙しいです。来週末からいよいよシャルドネの収穫が始まりそうです。私は、急きょ社長のピンチヒッターで、山梨で行われる国産ワインコンクールの授賞式に出席することになりました。どうしようシャルドネの収穫?
[PR]
by obatawine | 2005-08-14 16:19 | 醸 造
今日の仕込みで、キャンベル・アーリーが70トンです。
d0027632_17121170.jpgd0027632_17123193.jpg

(写真左)最初のキャンベル・アーリーは発酵の最盛期を迎えています。ピンク色の泡がきれいです。
(写真右)タンクの温度計。低温発酵です。『赤尾くん、これ低過ぎるんじゃない?』

今日でキャンベル・アーリーの仕込が70トンになりました。
いつの間にかキャンベル・アーリーの仕込も終盤です。今日で70トンになりました。あと50トンで目標の120トンです。お盆明けから、シラー、シャルドネの収穫が始まりそうです。最初のロットのキャンベル・アーリーは発酵の最盛期を迎えています。
[PR]
by obatawine | 2005-08-11 17:29 | 醸 造
先日、仕込んだキャンベル・アーリーが沸きついてきました.

d0027632_14565295.jpg
今日もとても暑いです。
沖縄から来た妻が、『なんでこんなに宮崎は暑いの』と文句を言っておりました。
幸いにも台風9号は中国のほうに行きそうですね。

本日の仕込
ぶどう品種:キャンベル・アーリー
数量:10トン
2005年仕込数量累計:30トン

先日、仕込んだキャンベル・アーリーが沸きついてきました(業界用語、発酵が始まってきました)。これから、2週間ぐらい低温でじっくりと発酵を進めます。
[PR]
by obatawine | 2005-08-05 14:52 | 醸 造
ただ今、うめワイン瓶詰中
昨日より、うめワインの瓶詰をしています。
d0027632_12152521.jpg

『あっ、メンブランの1次圧がこんなに高くなっている!』

今年は、スティルのうめワインの他に、スパークリングも本気で(?)瓶詰しました。瓶詰機のカウンター圧の調子が悪く、苦労しました。
今年のうめワインは、かもし発酵の期間を短くして、種子からの渋味成分を出来るだけ抽出しないように努めました。ですから、昨年のうめワインに比べて渋味が少ないので、新酒のうちからお楽しみ頂けます。そして梅の香りをベースに、グレープフルーツのような柑橘系の香り、メロンやバナナのような香りも強く感じます。皆さん、うめワインで夏の暑さを吹き飛ばしましょう。発売は7月23日を予定しています。
と、今日のブロッグを早めに終わらせようとしていたところに、赤尾君が『メンブランが詰まりそうです』と引きつった顔で事務所に飛び込んできました。まだまだ続く、うめワインとの格闘・・・・。
[PR]
by obatawine | 2005-07-19 12:19 | 醸 造
ただ今、仕込の準備中
7月末から始まる仕込みに備えて、ワイナリーは大忙しです。

メンブランの交換
d0027632_14385019.jpg

d0027632_14405410.jpg

今年は、搾汁機のメンブラン、通称風船を交換しました。ここ3年ぐらい、穴が開いてはリペアーキットでパンク修理をしていたのですが、今年は全面的に交換することにしました。
メンブランが新しいと気持ちが良いですね。メンブランの交換に東京からアステックの羽山さんが来ていただきました。今年は、これで安心して搾汁が出来ます。

タンクの改造
d0027632_14395495.jpg

うちの断熱タンクはなぜかしら圧力タンクの仕様で、性能は圧力タンクでないという変な代物です。ですから、タンクの出口にフランジのボールバルブが付いています。このボールバルブは一度も使ったことが無いのですが、サニテーションに不安がありました。今回、おもいきってこのボールバルブをとることにしました。案の定、フランジの取り付けのところに隙間があり、汚れが溜まっていました。

ぶどうコンテナーの洗浄
d0027632_14412457.jpg

畑のメンバーの皆さんにぶどうを入れるコンテナーを洗浄して頂いております。このぶどうコンテナーの洗浄は、とても大切なことです。ぶどうの汁で汚れたコンテナーは、野生酵母や酢酸菌の巣になってしまいます。コンテナーを良く洗うことで、サニテーションの向上につながりますし、亜硫酸の添加の軽減にもなります。私は、このコンテナー洗いが、良いワイン作るための第一歩だと思っています。
[PR]
by obatawine | 2005-07-09 14:44 | 醸 造
ワインの発酵はいつの間にか終盤です。
ご無沙汰しております。しばらく、事務系の仕事で缶詰になっておりました。

ところで、うめワインの発酵は、いつの間にか終盤になってしまいました。今年のうめワインは、バナナの香りが強く感じます。そして、グレープフルーツのような柑橘系も強く感じます。この香りを瓶詰まで残したいと思っています。さて、来週はオリ引きかな。
d0027632_17293886.jpg

うめワインの発酵の様子です。
[PR]
by obatawine | 2005-06-17 17:31 | 醸 造
今年の仕込みはグラビティーフリー?
6月3日、うめワインの仕込がありました。
d0027632_2354274.jpg

↑梅が追熟でいい色になりました。

d0027632_23542238.jpg

↑ホークリフトで梅をタンクの上まで運びました。

d0027632_23543738.jpg

↑今年の仕込みはグラビティーフリー。マンホールから梅を投入しました。


昨年の梅の仕込みはモロミポンプを使用しました。ところが、梅がモロミポンプの中で引っ掛かって大変な目に遭ってしまいました。そこで、今年のウメワインはグラビティーフリー。

そんな大げさな代物ではありません。タンクの上から梅を投入しただけです。ホークリフトでタンクの上まで運べば何とかなるだろと思ったのですが、高所の作業でなかなか大変でした。ナカタケ君とマサキ君には迷惑をかけました(二人とも高所恐怖症でした)。来年はもうすこしましな方法を考えます。ごめんなさい。
仕込みが終わった後、罪滅ぼしに焼肉屋に二人を誘いました。二人とも若いので食うわ、食うわ、結局高いものにつきました。
これから、かもし発酵(?)を1週間程度して、その後オリ引きして2次発酵を2週間程度と考えています。そのつどご報告いたします。
[PR]
by obatawine | 2005-06-05 23:47 | 醸 造
梅が入荷しました。
うめワインの梅が入荷しました。

d0027632_15412827.jpg

立野・轟で収穫された梅がワイナリーに運ばれてきました。
d0027632_15424277.jpg

収穫された青梅です。これが黄色になるまで追熟を待ちます。


今年も好評につき、うめワインを醸造します。
今日、梅が入荷しました。追熟して黄色になってから仕込みます。もう、すでに梅のいい香りがしています。おそらく、仕込は来週末ぐらいになりそうです。
今年は、梅は不作とのこと。その中で、轟と立野(以前の小畑醸造通信2月2日都農ワイン物語その5を参照してください)の生産者の方々が頑張って出荷して頂きました。ありがとうございます。
昨年のうめワインは、今が飲み頃です。びっくりするぐらいいい感じで熟成しています。今年の販売は、7月末を考えているのですが、もう少し熟成の期間が短いスタイルにしようかなと考えています。
なぜうめワインを作るようになったのか、詳しい経緯(以前の小畑醸造通信2月2日都農ワイン物語その5を参照してください)は以前述べましたが、私たちは農業の発想の中から、アルコールビジネスに結び付ければと考えています。今年も、ワイン屋が作ったフルーツワイン『うめワイン』に乞うご期待あれ。
[PR]
by obatawine | 2005-05-24 15:48 | 醸 造