小畑の醸造通信by都農ワイン
obata.exblog.jp
都農ワインホームページへ
 都農ワインの情報満載! 

カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
ワイン
from Blink Link 役立つ..
英会話簡単マスター 英会..
from 英会話簡単マスター 英会話の鬼
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
土壌分析結果
from ロマネ・コンティの庭
懸賞生活&アフィリエイト日記
from 懸賞生活&アフィリエイト日記
楽しいシャドーイング
from 私の英語学習記
ハイスコアの肝は語彙力で..
from TOEICハイスコアラーの英語
こんにちは
from 赤ワイン事典
心の復帰がままならぬ、時..
from プールサイドの人魚姫
■今年の都農ワインを飲ん..
from 立派な親父になれるかな?
フォロー中のブログ
リンク
都農ワイン    
ぶどうの四季


プロフィール

小畑 暁

1958年
北海道旭川生れ
帯広畜産大大学院修了
(農産化学専攻)
1984年
海外青年協力隊員として
ボリビアへ
1988年
南九州コカ・コーラ海外
事業部就職
関連ワイン会社にて
ワイン醸造研修
1992年
ブラジルの現地法人ワイン
工場に支配人として赴任
ブラジルのワインコンテスト
新酒部門で1位に入賞
1996年
(有)都農ワインに工場長
として就任
2001年
県地域づくり奨励賞受賞

以前の醸造通信はこちらから!

有限会社 都農ワイン
〒889-1201
宮崎県児湯郡都農町大字川北14609-20
電話:0983-25-5501
FAX:0983-25-5502
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:地域コミュニティー( 13 )
河野智之さん、華さんご夫妻。
d0027632_14231170.jpg

河野智之さん、華さんご夫妻と庵樹くん。ぶどう畑にて。お二人は、ワイナリーの丘でデート重ねたようです。都農ワインはこんな点でも社会貢献をしています!
d0027632_14233396.jpg

お父様の定文さん。サニールージュの剪定をしていました。
d0027632_142436.jpg

おじい様の清さん。ぶどう栽培を始めた頃の話をお聞きしました。

先日、都農ワイン情報誌『コルク』の取材で、河野智之さん(24歳)、華さん(22歳)ご夫妻のところにお邪魔しました。お二人は都農町岩山地区でキュウリ、ぶどう栽培の農業後継者です。

お二人は、友人の紹介で知り合ったとのこと。ワイナリーの丘でずいぶんデートを重ねたようです。ご夫婦にはお子様がお一人(庵樹くん、1歳半)いらっしゃいます。

ぶどう栽培は、おじい様の清さんが始められたとのこと。智之さんが3代目。ぶどう栽培では、まだまだお父様の定文さんにはかなわぬ様子です。ぶどう栽培は『パッカーはめが父親より早いぐらい』とのこと。今では、ぶどうに代わって、キュウリ栽培に力を入れています。

智之さんは幼い頃から農作業の手伝いはしていましたが、父親の定文さんには、『自分の道は、自分で決めろ』と言われ、農業を継いでほしいと言われたことがないそうです。悩んだ末、華さんとの結婚を機に、農業を継ぐ決心をしたそうです。

キュウリの話になると、熱が入ります。智之さんが作るキュウリは、包丁で切ったとき、中身も緑色なことが自慢。そういうキュウリが美味しいのだそうです。規模を拡大して、会社経営のような農業をやるのが夢だそうです。『品質が大事、作るだけで後は知らんでは、農業はつぶれる』、『農業に夢を持つこと、好きなことやっていると気持ちがいい』と智之さんが語ります。
奥様の華さんが『農家の嫁だからといって、オシャレは忘れたくない。きれいでいたいわ』と笑いながら話してくださったのが印象的でした。

お二人の若い感覚で次代の都農の農業を支えて頂きたいものです。

今回の取材を通して自戒を込めて一言、『息子はおやじの背中を見て育つ』つくづくと感じた次第です。
by obatawine | 2006-03-27 14:34 | 地域コミュニティー
愛のメッセージボード
久々の更新です。ごめんなさい。
前日、夜遅くまで、まつりの準備。途中抜け出して、吉野酒店に挨拶。
昨日は、ワインまつり。大勢の方に来て頂きました。
テレビ取材の方もみえて、町長、ぶどう生産者の玲二さん、それと私にインタビュー。放送は11月19日にされそうです。詳しくは、後日お知らせいたします。
とてもうれしかったのは、福岡からみえたジャンボさんとマッチャンが、都農ワインに愛のメッセージボードを作って頂いたことです。ぶどうの果実にみたてた丸い紙にそれぞれの方がメッセージを書き込んで、貼り付けていくのです。すぐに用意したメッセージカードがなくなり、ぶどうの形が完成されました。ありがとうございます。
打ち上げは、午後5時から始まり、終わったのが午後9時過ぎ。飲みすぎました。当初、ジャンボさんとマッチャンが、5時の電車で福岡に帰る予定が、6時、7時となり、結局7時37分都農発の電車にぎりぎりセーフ。お二人は福岡に無事着いたのかな?
今日は、朝から、都農町役場の朝礼で、ワインまつりのお礼の挨拶。沢山の役場の職員の方々が、ボランティアで手伝って頂きました。ありがとうございます。
その後、沖縄の糸満市からみえた玉城さんに、ワイナリーの運営について、お話。午後から、水曜日に瓶詰する予定のキャンベル・アーリーのケイソウ土ろ過。やっと平常業務。それにしても、体に切れが無い。27日の出荷に間に合わせなくては。
d0027632_19465468.jpg

もてなし隊の塩月さん、ジャンボさんとマッチャン。お二人には愛のメッセージボードを作って頂きました。ありがとうございます。
d0027632_19473388.jpg

愛のメッセージボードの前で、記念撮影。
by obatawine | 2005-10-24 19:54 | 地域コミュニティー
青年海外協力隊OG 三股英子さん ご来工
d0027632_18292983.jpg

三股英子さん(左)が、妹の鏡子さん(中央)とワイナリーに来てくれました。

今日は、青年海外協力隊OG 三股英子さんが、都農ワインに来てくれました。5年前に、彼女は宮崎大学在学中に、都農ワインで仕込みのアルバイトをして頂きました。女だてらに、ガンバリ屋さんだったことを記憶しています。その後、彼女は青年海外協力隊に参加、家畜飼育で3年間、フィジーに行っていました。今年の4月帰国されたそうです。

首都から離れた、シンガトカという小さな町で、農業試験場で働いていたそうです。牧草の選別、堆肥、サイレージの試験など、色々実績を残してきたみたいです。テング熱になったり、首都に出張中、牧草が枯れたりと、色々、苦労されたそうです。『とにかくフィジーで覚えたことは「忍」の一字です』と楽しそうに語って下さいました。これからの夢は、『有機畜産を実践してみたい』とのことです。英子さん、夢に向かって、頑張って

ちなみに、私も3年間、青年海外協力隊でボリビアに行っておりました。
by obatawine | 2005-10-03 18:35 | 地域コミュニティー
今日も、キャンベル・アーリーの瓶詰。カモシカ調査員が国勢調査?
今日も、キャンベル・アーリーの瓶詰。国勢調査がいつの間にか、カモシカ調査?
d0027632_14412331.jpg

今回保護された、カモシカの赤ちゃん。体長50センチぐらい。
d0027632_14441635.jpg

かわいい目をしています。角がもう生えています。
d0027632_14415240.jpg

(左)今回、カモシカを保護した、国勢調査員兼カモシカ調査員の黒木詔文さん。(中央)カモシカ調査員の黒木秋嗣さん。(右)取材中の宮崎日日新聞の記者、猪八重さん。

今日も、キャンベル・アーリーの瓶詰です。瓶詰機も機嫌を直し、快調です。今日は、宮崎新聞都農支局長の猪八重さんが、新酒瓶詰が始まったという話題で、取材に来て頂きました。一通り、取材を終えて帰ろうとしたとき、とんでもない、珍客が現れました。

生後まもない、日本カモシカの赤ちゃんです。かもし発酵の「かもし」ではありません。あの、まぼろしの珍獣、天然記念物の日本カモシカの赤ちゃんです。

都農ワインの近所で保護されました。どうも、親とはぐれてしまったようです。尾鈴山の会でもお世話になった、黒木詔文さんが、国勢調査で調査証を集めるために、都農ワインの近所を車で回っていたら、道端にいたそうです。

茂みにヤギらしいものがいると思い、車を停めてしゃがんで様子を伺っていたら、茂みから、日本カモシカの子どもが、詔文さんに怖がる様子もなく近づいてきたそうです。

詔文さんは偶然にも、県から委託された都農町のカモシカ調査員です。そこで、同じくカモシカ調査委員である黒木秋嗣さんに連絡。黒木秋嗣さんの奥さんが三重県の日本カモシカセンターに携帯電話で写真を送り、日本カモシカであること確認したそうです。

日本カモシカセンターによると、乳離れしてないカモシカは、野に戻してもすぐに死んでしまうそうです。動物園で保護してもらうのがいいとのことです。すぐに、フェニックス自然動物園に連絡を取り、同動物園で保護してもらうことが決まったそうです。その途中で、都農ワインに立ち寄ったそうです。日本カモシカの赤ちゃんが無事に育つこと祈るばかりです。

明日の宮崎日日新聞の紙面は、「都農ワインの新酒瓶詰」の話題じゃなくて、「日本カモシカの赤ちゃん保護」になりそうです。
by obatawine | 2005-10-01 14:55 | 地域コミュニティー
今日も、コルクの撮影です。
d0027632_1804459.jpg

淡水魚漁業組合の組合長の山口安彦さん。渓流釣りが趣味。
d0027632_180475.jpg

名貫川が大好きな金丸俊光さんです。

ワインは、ほぼ全て発酵が終わり、新酒のキャンベル・アーリー、マスカット・ベリーAはオリ引き、冷却処理に入っています。最初の瓶詰は、今月末ぐらいになりそうです。

ところで、今日も、わたしはコルクの撮影に駆り出されています。
今日は、淡水魚漁業組合の山口安彦さんと金丸俊光さんの撮影です。

山口さんは、神戸市役所を脱サラして都農で農業されて32年。渓流釣りが趣味。その縁で名貫川の淡水魚漁業組合の組合長をされています。

金丸俊光さんは、同じく淡水魚漁業組合の組合員。子どもの頃から、名貫川が大好き。今でも、缶コーヒーひとつで、名貫川の清流を何時間でもながめていられるとか。名貫川のことなら、金丸さんに聞けという感じです。

お二人のような方がいらっしゃるから、名貫川の清流が守られているのですね。
本日は、撮影ご協力頂きましてありがとうございました。
by obatawine | 2005-09-21 17:53 | 地域コミュニティー
今日から現場に復帰?
今日から現場に復帰?
ある時は、工場長、ある時は、営業マン、ある時は、駄目親父、そして今日は、カメラマン?
今日は、コルク(弊社ミニコミ誌、年2回の発行)のカメラマンです。なぜ、カメラマンかというと、ワイナリーで一眼レフを持っているのが私だけだからです。写真の腕前ではありません。
コルクの表紙撮影で『二人のワイン』の一連のシリーズがあるのですが、最近は、若手の農業者のご夫婦に登場頂いております。

久々、銀塩カメラを使いました。写真を撮影する以前の問題で、ちゃんとフイルムが巻いているのか、ASA感度が合っているのか、このカメラの露出計が動いているのか、非常に緊張しました。とにかく、写真として使えるものが写っていることを祈るばかりです。

本日は、黒木隆幸さん・智恵さん ご夫妻に取材させて頂きました。馴初めは、ご主人の隆幸さんの一目ぼれのようです。とても明るいご夫婦で、楽しい取材をさせて頂きました。ご主人の隆幸さんは、「今、農業が楽しくてしょうがない」、「農業が楽しいと感じたのはこの2、3年かな」とおっしゃっていました。地方は、高齢化、過疎化などの暗いイメージが多いのですが、都農町には、こんなたくましい若い農業者が、まだまだ、沢山いるんだなぁと感じた次第です。私たちもがんばらなくっちゃ。
d0027632_19485932.jpg

黒木隆幸さん・智恵さん ご夫妻です。今は、トマトの定植で大忙しです。
by obatawine | 2005-09-20 19:54 | 地域コミュニティー
この辺の子どもたちは、『突き』を自作して、魚やダクマエビを取るそうです。
d0027632_18122100.jpg

d0027632_1895292.jpg
d0027632_18111039.jpg

今日は、ディスクワーク。というか、弊社のミニコミ誌『コルク』の原稿の締め切りが迫っています。朝から、缶詰状態。わが編集長 akiがこわい。
そこに、昼食を取っているところに、鬼編集長のakiから電話。『工場長、玲二さんが川(名貫川)で魚を突くから、写真を取りに来て!』
何のことか分からず、昼食もそこそこにして、約束した名貫川の川原に直行。
そこで、見た風景は、何とaki &makiが水中に顔をつけて、ハゼやダクマエビ取りに興じているいるではないですか。玲二さんに『名貫川を食らう』で取材に行ったら、本当に、魚を突くことになってしまったとのこと。
この辺の子どもたちは、自転車のスポークやチューブを使って、『突き』を自作して、魚やダクマエビ取りをするそうです。いいですね。都農町にはこんないいところが残されているんですね。
いつか、つまみは川で採取したものだけで、名貫川の川原でゆっくりワインを飲んでみたいですね。
by obatawine | 2005-09-14 18:14 | 地域コミュニティー
名貫川で川遊び
名貫川で川遊び
昨日、和田渓谷でコルクの取材がありました。

d0027632_18154952.jpg

取材を忘れて、ローラと水遊び。
d0027632_18155885.jpg

子どもの頃の思い出の岩、通称『2番岩』にて。三日月原青年団の方々と記念撮影。

次回(10月頃発行予定、Vol.15)のコルクは、名貫川を特集する予定です。
名貫川は、尾鈴山を源流に、全長21kmの都農町最大の河川です。
川にかかわる人々の生活を表現したいと思っています。今回は、『名貫川で遊ぶ』のテーマで三日月原青年団の皆さんと、名貫川淡水魚協同組合の山口さん、金丸さんをお招きして、和田渓谷で取材をしました。

和田渓谷は、水がきれいで、それほど流れも急でなく、ついつい取材を忘れて、ローラと泳いでしまいました。

三日月原青年団の皆さんから、子どもの頃の和田渓谷での楽しい思い出話をお聞きしました。都農町の皆さんは、川で泳ぎを覚えます。日本中で、まだ川で泳げるようなところが残されているのは少ないのではないでしょうか。子どもたちが安心して泳げるのは地域住民の皆さんの協力があってのことですし、なによりも豊かな自然が残されているからだと思います。

山口さんや金丸さんのお話をお聞きしていると、つくづく川を守ることの大切さを思い知りました。川を守ることは、山と海を守ること。川は、生命を育む大地の血管のようなものと思いました。次の取材は『川を守る』のテーマで、名貫川淡水魚協同組合の皆さんにお話をお聞きしたいと考えています。
by obatawine | 2005-07-25 18:25 | 地域コミュニティー
つの町民花火大会
つの町民花火大会
皆さんの力で、大輪の花火を夏の夜空に打ち上げませんか
d0027632_15365727.jpg

先日、有志の皆さんが集まって花火大会の話し合いがありました。
今年は、都農漁協の花火大会が中止なります。昨年は、ふれあい花火大会が中止。都農町の夏の夜空が寂しくなりそうです。
そこで、元ふれあい花火大会のメンバーが中心となって花火大会を復活しようではないかということで、先日、話し合いが持たれました。

ふれあい花火大会は、何と、最初は3名の有志が集まって始めたそうです。ある人は、奥さんに内証で定期預金を引出して花火代を捻出したこともあるそうです。
この花火大会の自慢は、尺玉を上げることです。他に尺玉を上げられるところは、宮崎県内では一ツ瀬川の花火大会だけだそうです。あの大きな大輪の花火は尺玉だったんですね。
それから11回を数え、メンバーがそれぞれ社会的責任のある立場になり、昨年、ふれあい花火大会が残念ながら中止となりました。

しかし、また花火を打ち上げようと、彼らの血が騒ぎ出しました。今回は、新たに、観光協会、漁協、商工会の協力を得て、『つの町民花火大会』を行うことになりました。私たち都農ワインも側面から、応援させて頂きたいと思っています。

行政や企業からのお金は期待できない時代です。花火大会も町民自身の力で上げる時代です。広く、募金を集めています。ぜひ皆さんのご協力をお願い申し上げます。皆さんのお力で、大輪の花火を、夏の夜空に打ち上げませんか。


つの町民花火大会
日時 平成17年8月19日午後8:00から
実行委員代表 三輪博文
問い合わせ先 0983-25-5501(都農ワイン)
実行委員も募集中です。
by obatawine | 2005-07-15 20:38 | 地域コミュニティー
うめワインの仕込がそろそろはじまりそうです。
そろそろ、梅が色づいてきました。
d0027632_17522564.jpg
そろそろ、梅が色づいてきました。香りも出てきました。この分ですと、今週の水曜日、木曜日頃が仕込かなと思っています。今回の仕込の目標は、渋味が少なく熟成期間が短いスタイルをめざそうかなと思っています。

私たちは、ワイン屋です。昨年は、赤ワインを醸造する方法と全く同じ方法で、梅をかもし発酵をしました。さあ、今年は新しい方法でと言いたいところですが、今年もかもし発酵するつもりです。
かもし発酵の期間を短くして、渋味を出来るだけ抽出しないようにしようと思っています。
熟成させてリリースする時期を遅らせるという手もあるのですが、待っているお客様もいらっしゃるし。7月末からぶどうの仕込も始まるし。・・・・と色々迷っていますが、取り合えず今回も、7月末を販売の目標にしたいと思っています。仕込の様子はそのつどお知らせいたします。

今回の梅は都農町の轟、立野で収穫されたものです。両地区は尾鈴山の麓にある山里です。そこには2月下旬いっせいに梅の花が咲き誇り、まるで宝石箱のようになります。山のてっぺんまで棚田の跡があります。今は、そこには梅が植えられています。以前はみかんの産地でしたが梅の植え替えが進み、今では宮崎県下では一番の梅の産地になりました。

d0027632_17574490.jpg立野の梅畑。2月下旬には、轟、立野地区では、梅の花が咲き誇ります。
2月27日、私たちの情報誌『コルク』の特集で、轟、立野地区の皆さんを取材させて頂きました。そこで強く感じたのは、ここには地域のコミュニティーが強く生きていることでした。こんな素晴らしい山里を、都農ワインなりに皆さんに紹介出来たらということでした。都農町は宝の山です。その一つが轟・立野だと思っています。
by obatawine | 2005-05-30 18:06 | 地域コミュニティー