小畑の醸造通信by都農ワイン
obata.exblog.jp
都農ワインホームページへ
 都農ワインの情報満載! 

カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
ワイン
from Blink Link 役立つ..
英会話簡単マスター 英会..
from 英会話簡単マスター 英会話の鬼
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
土壌分析結果
from ロマネ・コンティの庭
懸賞生活&アフィリエイト日記
from 懸賞生活&アフィリエイト日記
楽しいシャドーイング
from 私の英語学習記
ハイスコアの肝は語彙力で..
from TOEICハイスコアラーの英語
こんにちは
from 赤ワイン事典
心の復帰がままならぬ、時..
from プールサイドの人魚姫
■今年の都農ワインを飲ん..
from 立派な親父になれるかな?
フォロー中のブログ
リンク
都農ワイン    
ぶどうの四季


プロフィール

小畑 暁

1958年
北海道旭川生れ
帯広畜産大大学院修了
(農産化学専攻)
1984年
海外青年協力隊員として
ボリビアへ
1988年
南九州コカ・コーラ海外
事業部就職
関連ワイン会社にて
ワイン醸造研修
1992年
ブラジルの現地法人ワイン
工場に支配人として赴任
ブラジルのワインコンテスト
新酒部門で1位に入賞
1996年
(有)都農ワインに工場長
として就任
2001年
県地域づくり奨励賞受賞

以前の醸造通信はこちらから!

有限会社 都農ワイン
〒889-1201
宮崎県児湯郡都農町大字川北14609-20
電話:0983-25-5501
FAX:0983-25-5502
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:地域コミュニティー( 13 )
「糸満ウイーク」地域づくりフォーラムに出席
琉球新報主催の、新報移動編集局「糸満ウイーク」地域づくりフォーラムに出席しました。
前日の取締役会をなんとか無事終了。その後、酒を少々飲む。朝起きてみると、二日酔い気味の体調。時計を見るとすでに7時を回っている。あわてて車に飛び乗る。何とか9:05発の沖縄行きの便に間に合う。飛行機の搭乗、到着のつど、琉球新報の米須さんから確認のTEL入る。さすが敵(?)もさるもの、私のいい加減さよく研究されている。同フォーラムの資料、名刺を忘れてしまいました。
午後2時半ごろから、同フォーラムの打ち合わせ。出席者メンバーは、私のほかに、上地哲氏(デジタルあじまぁ代表取締役)、松鷹彰弘氏(沖縄大学)、平良和志氏(沖縄ハーバービューホテル飲料総括支配人)ら、そうそうたるメンバー。こういう方々と短い時間であったが、お話する機会を得られたことは感謝したい。
同フォーラムでは都農ワインのPRのしかた、住民の巻き込み方を聞かれ、私のほうが聞きたいわと思いつつ、経験談を話す。いつもこういうパネラーで意見を求められると、方法論の前に哲学や理念が大切だと思うのだか、皆さん勉強のしすぎですよ。
これからの糸満ワインのますますの発展お祈りしております。後発だけあって良く研究されている。
23日、月曜日から出社します。

d0027632_1843930.jpg
いつものとおり言語明瞭、意味不明、もっと俺にしゃべらせろ
by obatawine | 2005-05-20 18:06 | 地域コミュニティー
消防団の皆さんが、操法大会に備えて練習を始める季節になりました。
今日は、朝からずーと、平成17年度の予算書作り。椅子に座りっぱなし。歳を取ると集中力がなくなるのか、生まれつき数字に弱いのか、老眼の目で数字を見ているとめまいがしてきます。
夕方、気晴らしに事務所の外にパイプを吸いに出ると、消防団の皆さんが、操法大会の練習をしていました。
中央分団第一部の皆さんです。毎年この頃になると、都農ワインの東側の駐車場で練習しています。団員は14名、部長は前田さんです。昨年は、都農町操法大会、積載車の部門で優勝したそうです。皆さん、練習が終わった後の、お酒が楽しみとのこと。
都農町は消防団の活動が盛んな所です。消防団は地域の活力のバロメータ。皆さん、頑張ってくださいね。

畑では、一部シャルドネの開花が始まり、消防団の練習を見るといよいよ、梅雨も近いのかなと、季節移り変わりを感じた次第です。
さぁ、また予算書作成の仕事を始めようか・・・・。

d0027632_206627.jpg
中央分団第一部の皆さんが、練習を始めました。都農町の消防団操法大会は6月18日にあるそうです。
by obatawine | 2005-05-16 19:58 | 地域コミュニティー
イタリア珍道中総括(?)
25日深夜、都農に到着。26日から出社しております。
簡単ではありますが、とりあえず、今回のイタリア視察をまとめておきます。また別な機会に詳しくご報告いたしますので、お許し下さい。明日から、個人的に沖縄に行ってきます(スタッフの皆さんゴメンなさい)。

イタリア珍道中総括
トスカーナのワイナリーを数ヶ所見ただけで、しかも滞在期間も短く、早計ではあるが、今回のイタリア視察で感じたことは、下記のようにまとめられるのではないだろうか。

ワインの多様性→個性豊かなワイン
大多数が中小のワイナリーであること→それぞれの個性あるワイナリー
ホスピタリティーを大切していること
地元の食材を大切にしていること
地方の宿泊設備が安価で充実していること
文化遺産を大切にしていること
中小の商店が多いこと

イタリアは世界的な観光地であるので日本とは単純には比較できないが、これからの都農ワインの進むべき方向性を、トスカーナのワイナリー達は示していると思う。

d0027632_1810841.jpg

丘陵地帯に広がるぶどう畑。トスカーナ地方の典型的な風景

d0027632_103610100.jpg

ローマにて。完全におのぼりさん。
by obatawine | 2005-04-27 18:37 | 地域コミュニティー