小畑の醸造通信by都農ワイン
obata.exblog.jp
都農ワインホームページへ
 都農ワインの情報満載! 

カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
ワイン
from Blink Link 役立つ..
英会話簡単マスター 英会..
from 英会話簡単マスター 英会話の鬼
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
土壌分析結果
from ロマネ・コンティの庭
懸賞生活&アフィリエイト日記
from 懸賞生活&アフィリエイト日記
楽しいシャドーイング
from 私の英語学習記
ハイスコアの肝は語彙力で..
from TOEICハイスコアラーの英語
こんにちは
from 赤ワイン事典
心の復帰がままならぬ、時..
from プールサイドの人魚姫
■今年の都農ワインを飲ん..
from 立派な親父になれるかな?
フォロー中のブログ
リンク
都農ワイン    
ぶどうの四季


プロフィール

小畑 暁

1958年
北海道旭川生れ
帯広畜産大大学院修了
(農産化学専攻)
1984年
海外青年協力隊員として
ボリビアへ
1988年
南九州コカ・コーラ海外
事業部就職
関連ワイン会社にて
ワイン醸造研修
1992年
ブラジルの現地法人ワイン
工場に支配人として赴任
ブラジルのワインコンテスト
新酒部門で1位に入賞
1996年
(有)都農ワインに工場長
として就任
2001年
県地域づくり奨励賞受賞

以前の醸造通信はこちらから!

有限会社 都農ワイン
〒889-1201
宮崎県児湯郡都農町大字川北14609-20
電話:0983-25-5501
FAX:0983-25-5502
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
1週間ほどオーストラリアに行っておりました。
1週間ほどオーストラリアに行っておりました。
赤尾君の研修先のテインタラワインに感謝の意を伝えるための表敬訪問でした(町長の取計らいに感謝)。

赤尾君は、本当に良くやってくれました。誰も知らないところで、言葉も出来ずに、大変な毎日だったと思います。その中で、セラーハンド達と共に朝早くから夜遅くまで働き、ワインメーカー達のテイスティングにも毎日参加して、すばらしい人間関係を築いていました。赤尾君と彼らの別れを見て、思わず私も目頭が熱くなりました。

最近、技術的に閉塞感を感じていたのですが、今回のオーストラリア行きで、目が覚めたような気がします。まだまだ、やることは山とある。すこし大げさに言えば、これから10年先の都農ワインの進むべき道が見えたような気がします。

ワインという世界共通言語が存在するということを強く感じました。私たちのような無名のワイナリーのワインでも、ワインを通して、彼らと語り合えるのです。この小さな国際交流の芽を、大きく育てられたらと思いました。

可能であるなら、また来年のビンテージに赤尾君が参加して、世界の空気をおもっきり吸い込んでもらいたものです。

それにしても、私はもう少し英会話の勉強しなくては。

d0027632_311663.jpg

支配人のアンドリューさん(右から2人目)とワインメーカーのポールさん(右から3人目)に町長からの手紙と記念品をお渡ししました。手紙は毛筆で和紙に書いて頂きました。町長は粋です。
[PR]
# by obatawine | 2006-04-25 03:14 | ワイン
畑はビニールがけです。
最近、雨が多いですね。天気が持ちません。こちらでも9日から10日にかけて大雨が降りました。

都農ワインの畑では、今、雨よけのビニール張りで大忙しです。しかし、このところ雨の日が多くて作業が遅れがちです。今日も午前中は雨、ワイナリーでラベル張りをしていただきました。午後には雨が上がり、すこしでも遅れを取り戻すべく、畑でビニールがけをしていただきました。
カベルネ・ソービニオンは、萌芽が始まりました。シャルドネは葉が5枚くらい、シラーは4枚くらい。芽も飛んでいませんので、生育は順調です。
d0027632_1714221.jpg

1番圃場のシャルドネです。葉が5枚ぐらい展開しています。
d0027632_17135019.jpg

2番圃場のシラーです。葉が4枚ぐらい展開しています。
d0027632_17145355.jpg

4番圃場のカベルネ・ソービニオン。萌芽が始まりました。芽が揃っていてひと安心。
d0027632_17152316.jpg

13番圃場。畑のスタッフの皆さんがビニールがけをしています。
[PR]
# by obatawine | 2006-04-13 17:14 | ワイン
シャルドネの萌芽が始まりました。
d0027632_17411443.jpg

シャルドネの萌芽。短鞘剪定。2芽残し。見事に萌芽しています。芽がとんでいません。ほとんどのシャルドネが2芽とも萌芽しています。
d0027632_1742523.jpg

シラーも萌芽が始まりました。
d0027632_17422293.jpg

シャルドネ5番圃場から。土作りを終えた畑は、これかが春本番です。

シャルドネ、シラーが萌芽しました。
最近、すっかり春めいてきました。昨日は、ワイナリーの入り口にある不動滝公園で花祭りがありました。今年は、寒波が強かったせいでしょうか、一斉に桜が咲き誇って、それは見事です。

そろそろ、シャルドネが萌芽の季節と思い、農場担当のユウジさんに聞いたら、一週間前ぐらいからシャルドネの萌芽が始まっているとのこと。あわてて農場に写真を撮りに行った次第です。シラーも一部萌芽が始まっていました。

いよいよ今週から、ビニール被覆が始まります。そして、芽かき、わき芽とり、誘引と忙しくなります。5月初旬には、シャルドネの開花が始まるはずです。
赤尾くん、畑は順調ですよ。ユウジさんを始めとする畑のスタッフが頑張っていますよ。
これから、ぶどう畑も春本番です。
[PR]
# by obatawine | 2006-04-03 17:55 | ワイン
河野智之さん、華さんご夫妻。
d0027632_14231170.jpg

河野智之さん、華さんご夫妻と庵樹くん。ぶどう畑にて。お二人は、ワイナリーの丘でデート重ねたようです。都農ワインはこんな点でも社会貢献をしています!
d0027632_14233396.jpg

お父様の定文さん。サニールージュの剪定をしていました。
d0027632_142436.jpg

おじい様の清さん。ぶどう栽培を始めた頃の話をお聞きしました。

先日、都農ワイン情報誌『コルク』の取材で、河野智之さん(24歳)、華さん(22歳)ご夫妻のところにお邪魔しました。お二人は都農町岩山地区でキュウリ、ぶどう栽培の農業後継者です。

お二人は、友人の紹介で知り合ったとのこと。ワイナリーの丘でずいぶんデートを重ねたようです。ご夫婦にはお子様がお一人(庵樹くん、1歳半)いらっしゃいます。

ぶどう栽培は、おじい様の清さんが始められたとのこと。智之さんが3代目。ぶどう栽培では、まだまだお父様の定文さんにはかなわぬ様子です。ぶどう栽培は『パッカーはめが父親より早いぐらい』とのこと。今では、ぶどうに代わって、キュウリ栽培に力を入れています。

智之さんは幼い頃から農作業の手伝いはしていましたが、父親の定文さんには、『自分の道は、自分で決めろ』と言われ、農業を継いでほしいと言われたことがないそうです。悩んだ末、華さんとの結婚を機に、農業を継ぐ決心をしたそうです。

キュウリの話になると、熱が入ります。智之さんが作るキュウリは、包丁で切ったとき、中身も緑色なことが自慢。そういうキュウリが美味しいのだそうです。規模を拡大して、会社経営のような農業をやるのが夢だそうです。『品質が大事、作るだけで後は知らんでは、農業はつぶれる』、『農業に夢を持つこと、好きなことやっていると気持ちがいい』と智之さんが語ります。
奥様の華さんが『農家の嫁だからといって、オシャレは忘れたくない。きれいでいたいわ』と笑いながら話してくださったのが印象的でした。

お二人の若い感覚で次代の都農の農業を支えて頂きたいものです。

今回の取材を通して自戒を込めて一言、『息子はおやじの背中を見て育つ』つくづくと感じた次第です。
[PR]
# by obatawine | 2006-03-27 14:34 | 地域コミュニティー
シャルドネ エステート、シャルドネ アンフィルタードの瓶詰が終わりました。
d0027632_1745521.jpg

アンフィルタードの瓶詰です。エステートの時は、写真を撮る余裕がありませんでした。
d0027632_17452563.jpg

アンフィルタードの熟成に使用していた樽8本です。つまり、アンフィルタードの生産はわずか2400本。すべて新樽です。
d0027632_17453492.jpg

KBC-TV アサデスのレポーターの山田さんです。岩田屋さんの配達ありがとうございました。

シャルドネ エステート、アンフィルタードの瓶詰が終わりました。
今は、セラーで24日の出荷にあわせてラベル貼りで大忙しです。

アンフィルタードの瓶詰の時は、KBC-TVのアサデスの方々が乱入(?)してきて、びっくり。
シャルドネ・アンフィルタードを熟女、シャルドネ・アンウディッドをピチピチギャルと表現したのですが、そのままテレビで放映されたみたいです(ごめんなさい、仕事中で見られませんでした)。
いきなり取材に来られて、驚いたのですが、レポーターの山田さん、ディレクターの植村さんもとっても礼儀正しい方々でした。こちらの方が、ずうずうしく福岡の岩田屋さんにワインの配達をお願いしてしまいました。山田さん、植村さん、KBCのスタッフの皆さん、ありがとうございました。

それにしても、一人でワインの瓶詰をするのは大変。判断の連続ですから、精神的に疲れます。『これでいいのか、これでいいのか』と自問自答です。

樽のラッキング、ベントナイト処理、冷却処理、仕上げろ過と長い孤独な作業でした。
エステートの時は、仕上げろ過の準備を用意周到に、前の日に終わらせて、翌日すぐにスタートできるようにしました。その甲斐もなく途中、ろ過機が詰まってしまって、ろ過が終わったのが夜の11:00。翌日、8:30から瓶詰できる様に、朝5:00に出社。大きなトラブルもなく無事、瓶詰が終了。しばらく、瓶詰予定がないので、瓶詰機をサニテーション、タンク洗浄と帰宅の途についたのが、夜の9:00.もうくたくた。

とりあえず、2005年のシャルドネは瓶詰が終わりましたよ、赤尾君。シャルドネのティスティングコメントは後日、詳細に。
[PR]
# by obatawine | 2006-03-17 17:53 | ワイン
今日は、シャルドネのラッキングです。
今日は、シャルドネのラッキングです。
d0027632_18565619.jpg

樽から窒素ガスで圧送している様子です。久々の現場仕事。変に肩に力が入っています。
d0027632_18573231.jpg

サイトグラス(ガラス管)の中のワインに注目。きれいにおり引きされているのが分かります。働けど働けど なお我暮らし 楽にならざり じっと手を見る(石川啄木)

営業、取締役会、赤尾君の引継ぎと忙しい日々を過ごしておりました。
赤尾君のブログやメールを見ると元気そうにやっているようです。これからは、ワインメーキングやブドウ栽培は、オーストラリアの時代のような気がします。私がワインに携わった頃、1980年代末、カリフォルニアワインの熱気が、今、同じようにオーストラリアワインに感じます。
この機会にオーストラリアワインのよいところをどんどん吸収してくださいね。赤尾君のますますの飛躍を期待するところです。

さて、今日はシャルドネのラッキング(おり引き)です。窒素ガスで圧送するのですが、久々の作業で手間取りました。一人でやるのは、骨が折れます(トホホホ、私はもう年ですかね)。
このシャルドネは、昨年、8月末に収穫したシャルドネを、樽発酵、シュール・リー、樽熟成をしていたものです。シャルドネの樽熟成は、順調です。柑橘系の香りが強く感じ、果実味も凝縮感を感じます。今回のラッキングしたシャルドネは、『シャルドネ エステート』として、3月末にリリースする予定です。
[PR]
# by obatawine | 2006-02-19 19:08 | ワイン
今日は、シャルドネ アンウディッドの瓶詰です。
d0027632_14493240.jpg

今日は、シャルドネ アンウディッドの瓶詰です。

私のブログは、瓶詰ブログと陰口たたかれていますが、今回もめげずに瓶詰。

先日、試飲会をしたのですが、評判は上々。
この、シャルドネ アンウディッドは、タンクで低温発酵させたもの。樽やシュール・リーなどの全く使用していません。テクニック的なことはいっさいしていません。

何もたさない、何もひかない(どこかで聞いたことがあるコピーだなぁ)。ですから、ぶどうの出来が直接ワインに反映されます。そのアンウディッドの出来が、今年(2005年)はいい!

これもひとえに、『土作り』に力を入れて来た成果と考えています。
あらためて、『ワイン醸造は農業』と感じた次第です。

凝縮した果実味を感じます。リースリング、ビオニエ、ゲベルツトラミナのような華やか香りがします。このワインをブラインドでシャルドネと言い当てるのは難しいのではないでしょうか。若干甘口ですが、食事のじゃまにはならない程度です。それどころか、中華、和食にぴったりのような気がします。
リリースは2月11日を予定しています。少々お待ちを。
[PR]
# by obatawine | 2006-02-01 14:50 | ワイン